ルミパルス® シリーズ(全自動化学発光酵素免疫測定システム)

1992年ルミパルス 1200を発売、1996年にはルミパルス f (フォルテ)を発売。以来、ルミパルスシリーズは皆様の手によって育てられてきました。21世紀を迎え、2005年ルミパルス PrestoⅡ、ルミパルス S 、2008年ルミパルス G1200、2014年ルミパルス G600Ⅱ、2015年ルミパルス L2400がラインアップに加わり、富士レビオはさらなる品質、サービスの向上を目指しいっそうの努力をしてまいります。

特長

化学発光基質AMPPDとフェライト粒子固相を利用した試薬と全自動装置により、高感度・迅速処理・簡単操作を実現しました。

ルミパルス® G600Ⅱ

測定頻度が少ない項目でも効率的に測定可能な医療用検査システムルミパルス® f のバックアップ機として最適
夜間等の時間外検査や緊急検査機としても最適

主な仕様

  • 測定方法:CLEIA(化学発光酵素免疫測定法)
  • 分析方法:フルランダムアクセス方式
  • 同時分析項目:最大8項目
  • 検体処理能力:最大60テスト/時間
  • 測定条件:
    反応時間 25分
    インキュベーター 37℃
  • 検体架設数 :最大30検体
  • 機器サイズ(mm):890(W)×725(D)×642(H)
  • 医療機器製造販売届出番号:13B3X10001000020

STA シリーズ

STA R Max®

世界の検査室で支持されている信頼の「ヴィスコシティ・ディテクション方式」「バーコード検量線」を採用するSTA R Max。新機能「アドバンストHILチェック」「採血量チェック」をプラス。富士レビオは、臨床検査サービスにおける新しい価値を提供します。

  • - Reliability > ヴィスコシティ・ディテクション方式
  • - Friendly > 採血量チェック、アドバンストHILチェック、バーコード検量線
  • - Usability > 簡単メンテナンス

主な仕様

  • 測定項目:血液凝固検査項目及び線溶検査項目
    PT、APTT、フィブリノーゲン、FDP、Dダイマー、アンチトロンビン、プロテインC、プロテインS、vWF、PLG、α 2-PI、抗Xa薬 等
  • 測定方法:
    1. 凝固時間法(ヴィスコシティ・ディテクション方式)
    2. 合成基質法
    3. ラテックス比濁法
  • 処理能力:最大300テスト※/時間(PT)
  • 試薬架設ポジション:最大70ポジション
  • 寸法:幅1,220mm×奥行き805mm×高さ1,265mm
  • 重量:約238kg
  • 製造業者:Diagnostica Stago S.A.S.
  • ※CAP Today引用

STA Compact Max®

長い歴史に裏付けされた信頼の測定原理。いま、次世代凝固検査のスタンダードへ。

歴史ある独自技術のヴィスコシティ・ディテクション方式により信頼度の高いデータを提供します。 装置に検体を架設するだけで測定が開始されます。

主な仕様

  • 測定項目:血液凝固検査項目及び線溶検査項目
    PT、APTT、フィブリノーゲン、FDP、Dダイマー、アンチトロンビン、プロテインC、プロテインS、vWF、PLG、α 2-PI、抗Xa薬 等
  • 測定方法:
    1. 凝固時間法(ヴィスコシティ・ディテクション方式)
    2. 合成基質法
    3. ラテックス比濁法
  • 処理能力:最大130テスト/時間(PT)
  • 試薬架設ポジション:最大45ポジション
  • 寸法:幅970mm×奥行き730mm×高さ705mm
  • 重量:約140kg
  • 製造業者:Diagnostica Stago S.A.S.

お問い合わせ