学術サポートネット

学術サポートネットトップ > 操作/判定方法 エスプライン®インフルエンザA&B-N > 判定方法

操作/判定方法 エスプライン®インフルエンザA&B-N

仕様変更品(商品コード:295526/295533)

添付文書(操作上の留意事項および使用方法)を確認のうえ操作を行ってください。

判定方法

A型陽性


A型弱陽性


A型陽性

青色のレファレンスラインが認められ、かつ青色のA型インフルエンザウイルス判定ラインが認められた場合

B型陽性


B型弱陽性


B型陽性

青色のレファレンスラインが認められ、かつ青色のB型インフルエンザウイルス判定ラインが認められた場合

陰性

青色のレファレンスラインのみ認められた場合

再検査

青色のレファレンスラインが認められなかった場合

注意事項

  1. 陰性または陽性の判定がしづらい場合は、再検査をお勧めします。再検査にはスクイズチューブ内に残っている試料液を使用することができます。
  2. 判定ラインの発色および赤いラインの消失の有無にかかわらず、青色のレファレンスラインが認められなかった場合は、測定操作が不適当であったか、反応カセット内での反応が成立しなかった等の可能性が考えられます。新しい反応カセットを用いて再度検査を行ってください。
  3. 15分判定時「陰性」でその後、判定ラインが現れ「陽性」となった場合は「陰性」と判定してください。

このページのトップへ

みらかホールディングス
富士レビオ株式会社はみらかグループの一員です。