学術サポートネット

学術サポートネットトップ > 操作/判定方法 エスプライン®インフルエンザA&B-N > よくあるご質問

操作/判定方法 エスプライン®インフルエンザA&B-N

よくあるご質問

製品に関するFAQ

検体採取に関するFAQ

試料液作製に関するFAQ

その他操作に関するFAQ

判定に関するFAQ

その他

このページのトップへ

よくあるご質問(回答)

製品に関するFAQ

保険点数は何点ですか?
検査実施料は「D012感染症免疫学的検査『25』インフルエンザウイルス抗原定性」の147点*です。ただし、発症後48時間以内に実施した場合に限り算定できます。また、判断料は「免疫学的検査」の144点*です。なお、外来迅速検体検査加算は適用されません
*2016年4月現在
貯法および有効期間は?
1〜30℃で製造後21ヵ月です。なお反応カセット(個別包装)は用時開封とし開封後は速やかにご使用ください。またスクイズチューブは有効期間内であってもフィルム袋(5本入り)開封後12ヶ月以内にご使用ください。

このページのトップへ

検体採取に関するFAQ

綿棒は、キット付属品以外のものでも使用できますか?
指定以外の綿棒を使用して試験を行なった場合には正しい結果が得られない場合がありますので、指定の綿棒をご使用ください。
検体として鼻腔ぬぐい液、鼻かみ液を用いる場合には、キット付属のニプロスポンジスワブ(TYPE S)をご使用ください。
検体として鼻腔吸引液、咽頭ぬぐい液を用いて検査をされる場合には、別売の滅菌紙軸綿棒H NA・PSをご使用ください。
検体として鼻かみ液を用いる場合には、別売の検体採取用紙(鼻かみ紙)をご使用ください。
検体に血液が混入した場合、測定結果に影響はありますか?
全血が検体処理液に1%程度混入した場合には、本品における判定への影響は認められませんでした。多量の血液が混入した場合には再度検体を採取して検査をすることをお勧めします。
使用できる検体の種類は?
鼻腔ぬぐい液、咽頭ぬぐい液、鼻腔吸引液および鼻かみ液です。うがい液、鼻腔洗浄液は使用できません。

このページのトップへ

試料液作製に関するFAQ

試料液調製上の注意点は?
綿棒にて採取したインフルエンザウイルス抗原を検体処理液に充分に抽出することが重要です。
検体処理液の代わりに生理食塩水を使用できますか?
使用できません。検体処理液には界面活性剤やタンパク質を含んでおり、ウイルス抗原の可溶化、抗原の安定化、判定の明確化などに関与しますので、必ず指定の検体処理液を使用してください。
粘性の高い検体はどのように調製すればよいですか?
検体に鼻腔吸引液または鼻かみ液を使用する場合には、検体の固形成分や粘性の高い部分を避けて検体採取を行なってください。
鼻腔ぬぐい液または咽頭ぬぐい液を検体として使用する場合には、綿棒から検体処理液での抽出を注意深く行なってください。
具体的には、綿棒を入れた検体処理液のスクイズチューブの周りから綿球部分を指で挟み押さえながら10回程度綿棒を回転させて、充分に綿球部分から検体を抽出して均質化を行なってください。綿球部分を十分に揉みほぐし均質化を行なうことで、粘性が高い検体における判定への影響を軽減することが出来ます。
なお、鼻腔吸引液を検体として使用するときに粘性が高い場合、検体へ0.5〜1mL程度の生理食塩水を加えて希釈し、攪拌均質化した検体を用いて、検査を行うことができます。この場合には希釈により感度が低下しますのでご注意ください。

このページのトップへ

その他操作に関するFAQ

試料液滴下量を所定の滴下量よりも多く、あるいは少なく滴下した場合はどうなりますか?
試料液の滴下量は1滴(約20μL)を守ってください。
試料液滴下量が多い場合:
滴下した試料液の量に従い判定ラインの発色遅延やレファレンスラインの発色遅延が発生し、判定時間内(15分)にレファレンスラインが認められずに反応不成立や偽陰性になる場合があります。
試料液滴下量が少ない場合:
インフルエンザウイルス抗原量が不足して偽陰性になる場合があります。また、判定部に縦スジが発生する場合があります。特に著しい縦スジが発生し判定が困難な場合や、縦スジを伴ってレファレンスラインの中央部が発色しない場合には、新たな反応カセットを用いて所定の試料液量を滴下して再検査を行なってください。
反応停止液の役割は?
エスプライン®インフルエンザA&B-Nの反応原理である酵素免疫測定法(EIA法)は時間経過とともに反応が進行するため、所定の判定時間15分以降ではメンブレン全体が青色に着色する場合や判定部にライン状の発色が現れる場合があります。そのため、15分時点で反応を停止させる反応停止液を用います。なお、反応停止液滴下後に長時間放置すると判定ラインが退色する可能性があります。2時間以内に判定を行ってください。

このページのトップへ

判定に関するFAQ

判定ラインが薄い場合の判定は?
判定ラインが薄くても、レファレンスラインが認められれば陽性と判定してください。
判定ラインの一部が欠けた場合や点状に発色した場合の判定は?
判定ラインの一部が欠けた場合には陽性と判定してください。また、点状発色の場合には陰性と判定してください。
レファレンスラインが赤色のままである、あるいは15分以内に青いレファレンスラインが認められない場合はどのようなことが考えられますか?
試料液が正常に検体滴下部に滴下されなかった場合や、操作が不適当であった場合などが考えられます。新しい反応カセットを用いて再検査を行なってください。検体の粘性が高い場合には、スクイズチューブの中でよく揉みほぐす等注意して再検査を行なってください。
A型とB型の両方に反応ラインが出た場合の判定は?
A型、B型の重複感染で両方が陽性である場合、A型、B型のどちらかが陽性で残り一方は偽陽性である場合、A型、B型のどちらも偽陽性である場合が考えられます。再度検体を採取して再検査を行なうことをお勧めします。また、流行状況、臨床症状や他の検査の結果も含めて総合的に判断してください。
15分時点では陰性でしたが、その後判定ラインが現れてきた場合の判定は?
15分時点で判定してください。15分以降に出現した判定ラインはウイルス抗原の存在とは無関係の場合があります。
インフルエンザの疑いがありますが、キットの判定は陰性でしたが、その場合の判定は?
発症後間もない時期ではインフルエンザウイルスが十分増えておらず、陰性となる場合もあります。また、検体採取の際に綿棒にてウイルス抗原が充分採取できなかった場合にも陰性となります。流行状況や臨床症状、他の検査結果等を総合的に判断してください。発病後の時間が経っていなかった場合には、一定時間後に再度検体を採取して検査を行なってみることをお勧めします。
発病後何日ほどで陽性を示すのですか?
インフルエンザウイルスの分離培養法を対照とした試験では、A型インフルエンザにおいては発病当日から75〜100%の陽性率でした。ただし、患者さんの状態や 検体採取状況などによっても変動します。なお、保険点数は発症後48時間以内に実施した場合に限り算定できます。
判定部分に青色の縦スジが出ました。判定に関係するのでしょうか?
縦スジは判定に関係ありません。ただし、試料液の滴下量が少なかった場合には、著しい縦スジで判定が困難になる場合や縦スジを伴ってレファレンスラインの中央部が発色しない場合があります。正しい試料液滴下量にて再検査を行なってください。

このページのトップへ

その他

2013年3月に中国において発生報告されたインフルエンザウイルスA(H7N9)は、エスプライン®インフルエンザA&B-Nで陽性を示すのでしょうか?
2013年3月に中国においてインフルエンザウイルス(H7N9)感染者から分離されたA/Anhui/1/2013(H7N9)について、A型陽性を呈することを確認しています。(北海道大学大学院獣医学研究科 微生物学教室 喜田特任教授データ)
また、国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターにて評価されました本製品を含むインフルエンザ迅速診断キットでの反応性データが、下記の国立感染症研究所ホームページにおいて公開されています。
「国内で市販されているインフルエンザ迅速診断キットの鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスに対する反応性について」(2013年5月23日付)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2277-flucenter/3578-rdt-130523.html
(国立感染症研究所感染症情報センター
>感染症情報インフルエンザA(H7N9)ページ
>国立感染症研究所による情報「ウイルスおよび検査等に関する情報」)
豚や鳥等の動物由来のインフルエンザウイルスは、エスプライン®インフルエンザA&B-Nで陽性を示すのでしょうか?
山口県で分離された高病原性トリインフルエンザウイルスA/Chicken/Yamaguchi/7/2004(H5N1)、タイで分離された高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1亜型5株、 および香港でヒトから分離された高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1亜型2株等についてA型陽性を呈することを確認しています。
また、A/Swine/Iowa/15/30(H1N1)他、豚から分離されたインフルエンザウイルス8株についてもA型陽性を呈することを確認しています。(北海道大学大学院獣医学研究科 微生物学教室 喜田特任教授データ)
詳細は添付文書を参照ください。
なお、本キットの判定においてA型陽性を示しただけでは、インフルエンザ感染の確定ならびにヒトインフルエンザなのか動物由来インフルエンザなのかを区別することは出来ません。
エスプライン®インフルエンザA&B-Nはヒトの体外診断用医薬品ですのでヒト以外の検体での測定を行うことはキット性能保証上の対象外となります。
なお、ニワトリでの検査には、動物用体外診断用医薬品であるエスプライン® A インフルエンザをご使用ください。
ワクチン接種によって検査結果が陽性となることがありますか?
本製品での検査に対して、被験者にワクチンを接種したことによる影響はありません。
ワクチンはインフルエンザウイルス表面の赤血球凝集素(HA)を成分にしたものであり、本製品はインフルエンザウイルスの核タンパク質(NP)を検出します。
A型には多種の亜型が存在しますが、いずれも陽性として検出するのでしょうか?見逃しはありませんか?
A型インフルエンザウイルスは、ウイルス表面のヘマグルチニン(HA、16種)とノイラミニダーゼ(NA、9種)の組み合わせにより144種の亜型に分けられています。
エスプライン®インフルエンザA&B-N は、このウイルス表面のHAやNAではなく、ウイルス内部の核タンパク(NP)の変異の少ない領域をターゲットとしています。 これまでH5N1、H7N7、H9N2等のヒトおよび各種動物から分離された200株以上の株について試験をしていますが、全て陽性として検出しています。

このページのトップへ

みらかホールディングス
富士レビオ株式会社はみらかグループの一員です。