メディコピアトップ教育講演シンポジウムメディコピア最新号のご紹介バックナンバーのご紹介 富士レビオ株式会社
第28回 睡眠と健康 メディコピアロゴ
心地良い眠りを得るために メディコピア  
午前の部
はじめの言葉 河合忠
司会の言葉 亀田治男
体内時計と睡眠 本間研一
睡眠物質と睡眠 裏出良博
心の健康と睡眠 清水徹男
特別発言:心とからだの健康 斎藤由香
午後の部
司会の言葉 矢冨裕
健康的な睡眠のために 内山真
睡眠時無呼吸症候群 赤柴恒人
むずむず脚症候群 平田幸一
不眠症とその対処 三島和夫
次回開催案内
これまでの開催シンポジウム
司会の言葉 写真

東京大学大学院 医学系研究科 臨床病態検査医学 教授 矢冨裕


 
主な研究領域
臨床検査医学、血液学、血栓止血学
主な著書
編集「今日の臨床検査」など

   毎日を健康に過ごすために、質のよい睡眠は欠かせない。睡眠が障害されると気持ちよく眠れないばかりか、健康面でもさまざまな悪影響が出てくる。また、睡眠の病気に対処する場合、その原因・タイプをはっきりさせ、それに基づいた治療を行うことが非常に重要である。
  睡眠が障害される背景にあるものとして、過労とかストレスが多く認められるが、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群などの病気が隠れていることもある。また、不眠症にはいくつかのタイプがあり、それぞれ原因や対策が異なる。午前中のパネルディスカッションでは、「睡眠の仕組み」に関して最新の情報をお届けさせていただいたが、午後からのシンポジウムでは、より具体的に、「睡眠の病気と対策」に関して専門の先生方にご講演いただく。
  現代人の健康を論じる上で睡眠の障害はたいへん大きな問題であり、これに関する正しい情報を得ることの重要性は益々高まっている。講師の先生方の貴重なお話により、睡眠に関わる正しい認識と理解を深めていただければ幸いである。
 



 
メディコピア教育講演シンポジウム実行委員会
〒163-0410 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング
富士レビオ株式会社内