女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく一般事業主行動計画

富士レビオの取り組み

女性管理職比率向上および女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

  1. 計画期間:2016年4月1日~2021年3月31日
  2. 当社の課題
    男女の継続勤務年数に顕著な差は見られないが、管理職に占める女性割合が低い。
  3. 目標と取組内容・実施時期
    2016年度より以下の取り組みを実施する。

目標1. 管理職に占める女性割合を10%以上にする

取組1:女性の登用・評価に関する取組
人事評価、昇進昇格において、女性にとって不利な取扱いを行っていないか、男女公正な取扱いとなっているか、経営会議において年1回モニタリングする。
「タレントマネジメント」による幹部社員の計画的育成に取り組み、この中で女性管理職も積極的に育成・登用の候補とする。

取組2:再雇用機会の創出によるキャリア形成に関する取組
配偶者の転勤や、育児等の止むを得ない事情で一度退職した社員の再雇用制度(ジョブリターン制度)の導入を検討する。

取組3:働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備に関する取組
在宅勤務やテレワーク等の場所にとらわれない働き方の導入を検討する。

取組4:女性の活躍に係わる実態把握等の取組
女性活躍や働きやすさに係わる社員アンケート等を継続的に実施し、具体的な取組施策に反映する。

目標2.平均時間外労働時間を2014年度実績より15%削減する

取組:長時間労働是正など働き方の改革に関する取組

部署毎に月3回以上のノー残業デーを設定、実施する。
部署毎の時間外労働時間をモニタリングする。

女性の活躍に関する情報公表

公表項目 数値
男女の平均継続勤続年数の差異 正社員 女性:12.33年 男性:15.25年
    女性÷男性=0.81
労働者の一月当たりの平均残業時間 正社員:12.4時間
管理職に占める女性労働者の割合 6.8%
育児休業取得率 女性:100% 男性:0%