カーボンニュートラル認証モデル事業2013

2013年10月、カーボン・ニュートラル認証試行事業の取組みの次なるステップとして、カーボンニュートラル認証モデル事業に応募し、採択されました。この認証モデル事業では、計画登録で得られた知見を活かし、CO2削減努力だけでは削減しきれないCO2排出量と同量の排出権(以下、クレジットという)を購入することにより事業所のCO2排出量をニュートラル化(ゼロ)するという取組みを行いました。例は当社が3件目となります。

モデル事業のプロセス

  • ①CO2削減努力を推進(省エネ改修工事、運用改善)
  • ②CO2排出量を算定(会社単位又は事業所単位)
  • ③相当量のクレジットを購入し自社の口座に登録
  • ④クレジットの“無効化”手続き
  • ⑤カーボン・ニュートラル計画書を作成
  • ⑥第三者検証機関の審査
  • ⑦同・審査結果報告書を認証委員会に提出
  • ⑧カーボン・ニュートラル認証登録を受理